南紀オレンジサンライズFC
公式SNS/WEB
私たちについて
「サッカークラブ×移住×農業」
南紀オレンジサンライズFCは和歌山県みなべ町および田辺市を拠点に活動を予定しているサッカークラブです。選手・スタッフが和歌山県外から移住をし、そこで農業を中心とした仕事に取り組みながら、サッカーだけでなく地域貢献活動も積極的に行うことで、みなべ町および田辺市を中心とした地域の活性化を目指します。

【クラブ設立の経緯について】

社会人になってもなお、高いレベルでサッカーを続けている選手の多くは、自分のプレーする場所を求めて全国を飛び回ります。

しかしながら、サッカーが目的でやって来るので、クラブを辞めたりサッカーを引退したりするタイミングで、その場所からは離れていってしまいます。

そのため、社会人のサッカークラブは選手の入れ替えが激しく、1年で選手の半分が入れ替わることも珍しくありません。

そういった現状の中で、高齢化や過疎化が問題となっている地方にて、引退後もサッカーに関わる環境を整備したり、仕事で得たスキルを活かしたセカンドキャリアを歩めるようにクラブが道筋を作ったりすることで、サッカーをすることが目的で集まった選手たちが地方に定住する仕組みを構築出来れば、サッカークラブとして新しい価値を生み出せるのではないかと考えております。

このように、ただ単に勝利することだけを目的にするのではなく、サッカークラブを通じた地方創生を実現するべく、「移住を絡めたサッカークラブ」設立の構想をスタートさせました。

【クラブアイデンティティについて】

南紀オレンジサンライズFCは和歌山県みなべ町および田辺市を拠点に、2022年より本格的に活動をスタートさせます。

様々な場面で変化が絶えない現代では、これまでの常識が非常識に、そして非常識が常識へと簡単に変わっていきます。 だからこそ、我々は同じ状態のままでいることを良しとせず、常に知識をアップデートし、常に失敗を恐れずに挑戦し続けることで、サッカークラブとしての新しいモデルケースを作ります。

そして、「監督が変わったらサッカーが変わる」「代表者が変わったらクラブの方針が変わる」というのではなく、将来的に誰がクラブに関わっても同じ方向性で物事を考えられるように、クラブの行動規範となるクラブアイデンティティを定めています。

クラブアイデンティティ:「Keep one’s Value」

この言葉には、これからクラブ運営に取り組む中で、「持続可能なサッカークラブとして、地域に存在する価値をいつまでも維持出来るよう、様々なことに挑戦 していく」という想いが込められています。

【南紀オレンジサンライズFCが地域の皆様に与えるValue(価値)】

①農業の後継者問題や少子高齢化といった地域課題の解決に向けて,まずは我々から率先して地域に溶け込み、そして地域の皆様と共に取り組みます。
②観光客の増加や地元企業の発展に積極的に寄与することで、周辺地域の経済を活性化させます。
③老若男女を問わず、サッカーを「する」「観る」「  支える」といった活動に魅力を感じてもらえるような環境を整えることで、地域にサッカー文化を根付かせます。

選手・現場スタッフ・運営 スタッフがこの考え方を共有 することで、クラブに関わる全員が一丸となって地域に根差した活動を行って参ります。

【日本サッカーのピラミッド図(アマチュアリーグ)】

日本のサッカー界においては、毎年開催される都道府県リーグや地域リーグ等の成績に応じて,クラブの昇降格が行われています。

南紀オレンジサンライズFCは「和歌山県サッカーリーグ3部」に2022年から参戦し、そこから上位カテゴリーへの昇格を目指します。

メンバー
会社概要
企業名
南紀オレンジサンライズFC
所在地
和歌山県日高郡みなべ町
資本金
代表者名
森永純平
設立年月
2022年より始動予定
社員数
-
WEB
https://nankifc.com/
最新の
スポーツビジネス情報を
お届けします。
HALF TIME 無料会員登録特典

・イベント先行案内
・最新スポーツビジネス情報
・スポーツ関連求人案内

HALF TIME 無料会員に登録