2020/06/29
パートナープレゼンテーションの実施が決定しました
2020/06/15
ワシントン・ウィザーズGMのTommy Sheppard氏の7/1(水)セッション1への登壇、米国からの中継が決定しました
2020/06/15
水泳・北島康介氏、カーリング・本橋麻里氏、柔道・井上康生氏、ラグビー・大畑大介氏の6/30(火)セッション2への登壇が決定しました
2020/06/15
嵜本晋輔氏(バリュエンスHD代表取締役)、富山浩樹氏(サツドラHD代表取締役)の7/1(水)セッション2への登壇が決定しました
ABOUT

「コロナ後」のスポーツ界の未来を考える
日本最大規模のオンライン・スポーツビジネスカンファレンス

4月末に500名以上の聴講者を迎えて開催した『HALF TIMEカンファレンス2020』が
第二弾としてさらなる豪華スピーカーを招き、6月30日と7月1日にオンラインで再び開催。

前回に引き続き欧米・アジアからをグローバル・スポーツビジネスのリーダー陣を迎え
2日間にわたるインタラクティブなディスカッションを実施します。

日本のスポーツビジネスはどこに向かうべきか?

HALF TIMEカンファレンス2020 Vol.2では、この解を引き続き探ります。

ATTENDEES

多くの海外登壇者が日本のカンファレンスに初登壇を果たす業界最高峰イベント。スポーツビジネスに関わる各種企業・団体の経営層から現場担当者までが参加します。また、ライブ配信に加えて後日録画配信も提供。場所や時間を選ばずご覧いただけます。

スポーツ
スポンサー企業
スポーツ競技団体
スポーツ
関連企業
一般企業
CONFERENCE 2020 Vol.1
2020年4月28日、日本と香港、シンガポール、アメリカ、スペインと国境を越えて、
18名のゲストスピーカーと、500名以上の聴講者が参加しました。
#HALFTIMEカンファレンス 」をつけてシェア
SESSION
18:00
オープニング
HALF TIMEがこれまで見てきた国内外のスポーツビジネスの成長可能性を踏まえ、カンファレンス開催の意義、並びに、新たにグローバルにスポーツビジネスで活躍を目指す個人・法人向けに提供するサービスについて、HALF TIME代表の磯田裕介が、オープニング・スピーチとしてお話しします。
18:00 - 18:10
18:10
アジア発&アジア市場におけるグローバル・スポーツビジネス
本セッションでは、ONE Championship創業者でCEOのChatri Sityodtong氏と、NBA IndiaでSVP及びMDを務めるRajesh Sethi氏、NFL ChinaでMDを務めるRichard H. Young氏を迎えて、TEAMマーケティングの岡部恭英氏をモデレートにより、アジア発、そしてアジア市場におけるグローバル・スポーツビジネスについてパネルディスカッション形式で議論いただきます。(英語セッション:日本語通訳=oxygen/森川由理・蝦名詩園)
18:10 - 19:20
19:30
パートナープレゼンテーション
イベントパートナーのWSC Sportsより、スポーツテック領域のサービス紹介と、Jリーグとの取り組みに関するショート・プレゼンテーションをお送りします。(日本語通訳=oxygen/森川由理・蝦名詩園)
19:30 - 19:40
Guy Port
WSC Sports
Head of Asia Pacific
岩貞 和明
株式会社Jリーグ
マルチメディアカンパニー部門
事業統括部長
10:00
オープニング
新型コロナウイルスの影響でスポーツイベントが相次いで中止となり、スポーツ界は大きな打撃を受けています。この環境下でスポーツビジネス・プラットフォーム「HALF TIME」には何ができるのか。 スポーツビジネス界や将来スポーツ界を担う子供向けに新たに取り組む社会貢献事業について、HALF TIME代表の磯田裕介がオープニング・スピーチとしてお話しします。
10:00 - 10:10
10:10
NBAワシントン・ウィザーズ、「グローバル・チーム」への野望
本セッションでは、八村塁選手のドラフト指名・加入で一躍日本での注目度が高まることとなったNBAのワシントン・ウィザーズより、CCOのJim Van Stone氏、ゼネラルマネージャーのTommy Sheppard氏、そしてチーム親会社であるMonumental Sports & Entertainment顧問のJimmy Lynn氏に登壇いただき、競技とビジネスの両面から、米国のみならずグローバル市場を意識したチーム経営についてお話しいただきます。(英語セッション:日本語通訳=oxygen/森川由理・蝦名詩園)
10:10 – 11:20
11:30
パートナープレゼンテーション
イベントパートナーの東京ヴェルディ株式会社とGayaR(運営会社=株式会社スピードリンクジャパン)より、クラブが実現する新たなスタジアム体験とパートナーシップの形について、ショート・プレゼンテーションをお送りします。
11:30 - 11:40
佐川 諒
東京ヴェルディ株式会社
パートナー営業部シニアディレクター
服部 大樹
株式会社スピードリンクジャパン
GayaR事業責任者
11:40
日本企業がグローバル&ローカルで進めるパートナーシップ活用
本セッションでは、陸上競技で多くのパートナーシップを手がけるアシックス常務取締役の松下直樹氏、北海道コンサドーレ札幌の社外取締役も務めるサツドラHDの富山浩樹社長、そして元Jリーガーであり現在ガンバ大阪のパートナーでもあるバリュエンスHDの嵜本晋輔社長に登壇いただき、各社が進めるパートナーシップの活用についてお話しいただきます。
11:40 – 12:50
TIMETABLE
18:00 - 18:10
オープニング/HALF TIMEご挨拶
18:10 - 19:20
セッション1 <アジア発&アジア市場におけるグローバル・スポーツビジネス>
19:30 - 19:40
パートナープレゼンテーション
19:40 - 20:50
セッション2 <レジェンドアスリートが語る日本スポーツの未来>
10:00 - 10:10
オープニング/HALF TIMEご挨拶
10:10 - 11:20
セッション1 <NBAワシントン・ウィザーズ、「グローバル・チーム」への野望>
11:30 - 11:40
パートナープレゼンテーション
11:40 - 12:50
セッション2 <日本企業がグローバル&ローカルで進めるパートナーシップ活用>
TICKET
会員登録して申し込み

※チケット購入者には後日録画配信の提供も予定しています

※登壇者及びセッションは現在の予定であり変更・キャンセルの可能性があります

※一度購入いただいたチケットの払い戻しは、いかなる理由においてもできかねます

※学生向けチケットは大学、大学院、専門学校などに在学の方が対象です

※領収書発行の対応が可能です。チケット購入後、事務局(info@halftime-media.com)までお問い合わせください

※法人向けには3名分以上の購入で割引が可能です。事務局(info@halftime-media.com)までお問い合わせください

PARTNER
HALF TIMEカンファレンス2020では、パートナー企業を募集しています。
ご興味のある方は事務局(info@halftime-media.com)までお気軽にお問い合わせください。
ブランド露出
業界注目のカンファレンスで参加者へのPRが可能
前回イベントのSNS上の推定インプレッションは800万以上
ネットワーキング
カンファレンス登壇者、スポーツスポンサー企業やスポーツ競技団体の経営幹部とのマッチングを支援
取材・掲載
HALF TIMEマガジンで取材・掲載
スポーツビジネス関心層に、貴社のストーリーをお届け
INFORMATION
名称
HALF TIMEカンファレンス2020 Vol.2
日時
2020年6月30日(火)18:00-21:00、7月1日(水)10:00-13:00
開催方法
オンライン
参加方法
チケット購入
お問い合わせ
HALF TIMEカンファレンス事務局
info@halftime-media.com
磯田 裕介
HALF TIME株式会社代表取締役
経歴
大学卒業後、一貫して人材紹介・エグゼクティブサーチに従事。日系大手人材紹介会社インテリジェンス(現パーソルキャリア)でキャリアをスタートさせ、全社MVP含め社内MVP賞を6度受賞。同社の海外事業拡大のためシンガポール、ベトナム法人に出向。
その後、スポーツ業界特化型の英系ヘッドハンティングファーム(Sports Recruitment International) のシンガポール法人で初の日本人として入社し、日本事業を立ち上げ。シンガポール勤務の後、日本へ赴任。
アイルランドの国際スポーツ統括団体、欧州フットボールクラブなどの採用・転職支援。
2017年8月HALF TIME株式会社設立。
Chatri Sityodtong
ONE Championship
Founder, Chairman and CEO
経歴
Chatri Sityodtong is the Founder, Chairman and CEO of ONE Championship (ONE), Asia’s largest global sports media property in history with a broadcast to 2.7 billion potential viewers across 150+ countries around the world. ONE is a celebration of Asia's greatest cultural treasures, martial arts and esports. Through the magic of storytelling and the power of media, ONE is on a mission to unleash real-life superheroes, celebrate values, ignite dreams, inspire nations, and change the world.

Sityodtong is a self-made entrepreneur and lifelong martial artist from Thailand. He is also the star of the Asian edition of The Apprentice, the award-winning, global reality TV series. His rags-to-riches life story has inspired millions around the world on BBC, CNN, Bloomberg, CNBC, and other major media. Forbes recently selected Sityodtong as one of Asia’s next generation tycoons. He was also named “Asia’s King of Martial Arts” by the Financial Times, and Asia's 2nd Most Powerful Person in Sports by FOX Sports.

Inducted into the Black Belt Hall of Fame in 2019, Sityodtong has over 35+ years of martial arts experience. He is a certified senior Muay Thai instructor under the legendary Kru Yodtong Senanan. He also holds a Purple Belt in Brazilian Jiu-Jitsu under Master Renzo Gracie.

Chatri Sityodtong holds an MBA from Harvard Business School and a BA from Tufts University.
Richard H. Young
NFL China
Managing Director
経歴
Richard joined the NFL as Managing Director of NFL China on December 1st 2010. He has more than 25 years of experience in Asian sports event management, sales, and marketing with a strong focus in media rights and market development strategy.

His previous work experience in China includes driving a Chinese media joint venture partnership responsible for launching China’s first nationwide HD sports channel; and founding The Young Company, which provided consulting services in production, distribution and media rights in China for leading sports leagues, broadcasters and commercial sponsors.

Prior to living in China, Richard worked at ESPN STAR Sports as Vice President of the Event Management Group and Programming Development, where he managed over 100 events in 13 different countries over 8 years across Asia. His management experience also includes a number of years in Taipei managing Sports International, Entertainment Plus Ltd when it was the largest professional sports management group in Taiwan.

Richard was an exchange student at Beijing Normal University in 1990. After graduating Cum Laude from Boston University with a double major in International Relations and East Asian Studies, Richard earned his MBA from the University of Chicago. He speaks, reads and writes Mandarin Chinese.

A native of Sedona, Arizona, Richard currently resides in Shanghai with his wife and two children.
岡部 恭英
TEAMマーケティング
Head of Asia Pacific Sales
経歴
欧州サッカー連盟(UEFA)専属のマーケティング代理店 TEAMマーケティングのアジア・パシフィック地域のセールス統括責任者として、テレビ放映権・スポンサーシップの営業を担当。サッカー世界最高峰の大会UEFAチャンピオンズリーグに関わる初のアジア人。スイス在住。2018年よりJリーグアドバイザー。2019年3月からHALF TIMEのアドバイザーも務める。
慶応義塾大学ソッカー部出身。英国ケンブリッジ大学MBA取得。
日置 貴之
スポーツブランディングジャパン代表取締役
経歴
新卒で株式会社博報堂に入社し、その後FIFA Marketing AGにて2002年FIFAワールドカップのマーケティング業務を行う。2003年にスポーツマーケティングジャパンに入社、日本ハムファイターズの北海道移転におけるブランディング、北京オリンピック野球予選大会の大会責任者、また海外ではセリエA、NFL、NBA、WWE、UFCの日本におけるマーケティングやデジタルメディアの業務を行う。2009年にスポーツブランディングジャパン設立。同年よりアジアリーグアイスホッケーのH.C.栃木日光アイスバックスの取締役GMを務め、チームの再建およびリーグの再建に携わる。2013年よりNFL JAPANリエゾンオフィス代表も兼務。2015年より東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の業務に携わり、現在は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開閉会式エグゼクティブプロデューサーを務める。また2018年よりスポーツに特化したライブ動画配信サービス「イレブンスポーツ」を運営するEleven Sports Network株式会社取締役に就任。
Rajesh Sethi
NBA India
Senior Vice President and Managing Director
経歴
With proven achievements in Media Entertainment and Technology, Insurance and Financial Services sectors, Rajesh has a deep understanding of opportunities and complexities in Emerging Markets. Rajesh has created disruptive business models by managing complexities of last mile operations and delivering added value through differentiated services. He is passionate about value creation and growth by enabling and empowering people.

Rajesh turned-around an underperforming global business and divested it for USD 385 million. As Global CEO, he reversed multi-year losses into profits for sports broadcaster TenSports, reinvented a coherent commercial and operational worldwide strategy, gained market share in strategic and emerging international regions and turned TenSports profitable.

Prior to Media sector, Rajesh was the Founder CEO of insurer Allianz Global Assistance, India. He established the organisation from incubation to large multi-country operations in India, Thailand, Malaysia, Singapore & Indonesia.

Rajesh is currently the Senior Vice President and Managing Director of NBA India and is responsible for expanding the NBA’s presence in India while establishing it as the preeminent sports league in the country.
北島 康介
競泳オリンピック金メダリスト/株式会社IMPRINT代表取締役社長/株式会社パフォームベタージャパン代表取締役/日本コカ・コーラ チーフ・オリンピック担当・オフィサー/東京都水泳協会会長
経歴
5歳から水泳を始める。2000年シドニーオリンピックに初出場し、4位入賞。2004年アテネオリンピックでは100m・200m平泳ぎで金メダルを獲得。2008年北京オリンピックでも両種目で金メダルを獲得し、日本人唯一となる2種目2連覇を達成。4度目の出場となった2012年ロンドンオリンピックでは4×100mメドレーリレーで銀メダルを獲得。2016年4月競技活動を引退。現在、日本コカ・コーラではチーフ・オリンピック担当・オフィサーとして活動。
競技活動の傍ら、子供から大人まで水泳の楽しさを多くの人たちに体感して欲しいという思いからスイミングクラブKITAJIMAQUATICSを2011年4月に設立した。また、現在は東京都水泳協会の副会長を務め、2015年1月より自身の冠大会「KOSUKE KITAJIMA CUP」を開催。2015年10月にはプライベート空間での水泳レッスン、映像解析も行える流水プール「AQUALAB(アクアラブ)」をオープンするなど水泳普及にも尽力している。
2015年3月にはスポーツパフォーマンス向上のために必要なトレーニング用具の販売、セミナー事業を行う株式会社パフォームベタージャパンを設立し、代表取締役として日本のスポーツサービス産業の発展にも努めている。
本橋 麻里
一般社団法人ロコ・ソラーレ代表理事
経歴
北海道常呂郡常呂町(現北見市)出身で12歳の時にカーリングを始める。2006年に「チーム青森」のメンバーとしてトリノオリンピックに初出場し7位となり注目を浴びる。2010年のバンクーバーオリンピックにも出場し8位となり、2大会連続入賞。
同年8月、出身地の北見市で新チーム「ロコ・ソラーレ」を結成。2016 年3月に行われた世界選手権にて銀メダルを獲得するなどチームとして成長していく。2018年2月のピョンチャンオリンピックでは、日本カーリング史上初のメダルである銅メダルを獲得。選手たちを牽引する姿勢やリーダーシップが注目を集めた。
2018 年夏に選手休養を表明し、一般社団法人ロコ・ソラーレを設立。現在は代表理事としてチーム運営、 育成チームのコーチをし、チームを支えている。
松下 直樹
株式会社アシックス 常務執行役員
経歴
1959年生まれ、大阪府出身。1982年、同志社大学商学部卒業後、株式会社アシックスに入社。 レジャー系のスキー関連の営業を担当。2014年よりアシックスジャパン株式会社 取締役 兼 マーケティング統括部長に就任。ブランドマーケティングという宣伝広告の戦略を立て運用する役割と、スポーツマーケティングという選手やイベントを活用したマーケティング活動の役割を担う。2017年7月からグローバルスポーツマーケティング統括部長 兼 アシックスジャパン株式会社取締役として国内外の各種スポーツイベント、選手契約などの責任者を務める。2020年3月より現職。
井上 康生
柔道男子日本代表監督 /
東海大学体育学部武道学科教授
経歴
1978年5月生まれ。宮崎県出身。東海大学付属相模高等学校を経て、東海大学体育学部武道学科卒業。同大学大学院体育学研究科修士課程修了。切れ味鋭い内股を武器に、大内刈、大外刈、背負投げなどを得意とする攻撃型柔道で数々の結果を残した。99、01、03世界選手権100キロ級で優勝。00年シドニーオリンピック100キロ級で金メダルを獲得。01~03年全日本選手権優勝。
08年に第一線を退き、09年より2年間、英国に留学。帰国後の11年から全日本強化コーチ、12年11月より全日本男子監督を務める(現在2期目)。東海大学体育学部教授。
大畑 大介
元ラグビー日本代表 /
神戸製鋼コベルコスティーラーズ アンバサダー /
東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会アスリート委員会委員
経歴
小学校3年生からラグビーを始め、東海大付属仰星高校(現・東海大付属大阪仰星高校)に進学、高校日本代表に選出。その後京都産業大学へ進み日本代表入りを果たす。1998年に神戸製鋼に入社、日本のトライゲッター、エースとして活躍し、世界にその決定力を印象づける。2001年には世界への飛翔を見据えて、オーストラリアのノーザンサバーブ・クラブでプレーし、2003年にはフランス・モンフェランに入団。2003~2004年シーズンからはラグビートップリーグの神戸製鋼コベルコスティーラーズにプロ選手として契約。
その後日本代表キャプテンを務めるなどラグビー日本代表の牽引者として、W杯に2度(1999年、2003年)出場。さらには、両アキレス腱断裂を経験するも「為せば成る!」の不屈の精神でリハビリを乗り越え、代表試合トライ数世界新記録を樹立。その記録を69トライまで伸ばし、現在も破られていない。2010年~2011年のシーズンをもって現役を引退。
2016年11月、国際統括団体のワールドラグビーより、競技の発展に著しい貢献をした個人や団体を顕彰する『ラグビー殿堂』に選出される。全世界では131人目、日本人・アジア勢としては2人目のラグビー殿堂入りを果たす。また、2019年秋に日本で行われたラグビーワールドカップ2019™では、アンバサダーとしてメディアやイベントを通じて広く周知活動を行い、試合解説を務めるなど、大会成功を陰で支えた。現在もレギュラー番組を多数抱え、ラグビー普及のため精力的に活動中である。
Jim Van Stone
Monumental Sports & Entertainment/ワシントン・ウィザーズ
CCO兼ビジネス部門代表
経歴
Jim Van Stone is the President of Business Operations and Chief Commercial Officer overseeing ticket sales and services, corporate partnerships, executive suites, marketing and retail business. Previously Van Stone was Monumental Sports & Entertainment’s Chief Revenue Officer.

Van Stone has played a leading role in a myriad of groundbreaking sponsorship agreements at Monumental including arena naming rights (Capital One), Washington Wizards, Capitals and Mystics practice facility naming rights and medical partnership (MedStar Health), Wizards jersey patch (GEICO), technology platform (Alibaba), and the first international partner for the Wizards (NEC). In October of 2019, Van Stone led negotiations with William Hill to become the first official sportsbook partner of the Wizards, Capitals and Mystics – the first partnership of its kind in North America.

From a ticketing perspective, Monumental has seen incredible success since Van Stone’s arrival, including a Capitals sellout streak dating back to the 2008-09 season and oversight of several major events including the 2011 and 2015 Bridgestone NHL Winter Classic, 2018 Coors Light NHL Stadium Series and 2019 NBA London Game.

Under Van Stone’s guidance, Capital One Arena underwent a $70 million transformational renovation during the summer of 2018 and 2019, which included the latest in LED video technology, one of the largest 360-degree continuous video screens in sports and modernized concourses, suites and destination lounges throughout the building.

Van Stone joined the Capitals as vice president of ticket sales and service in 2007 before transitioning to his Monumental Sports & Entertainment role in 2010. Before joining the organization, Van Stone held senior positions with the Philadelphia 76ers and Flyers, Tampa Bay Lightning, Cleveland Cavaliers and Phoenix Coyotes.
Tommy Sheppard
ワシントン・ウィザーズ
ゼネラルマネージャー
経歴
Tommy Sheppard is in his 26th year of service in the NBA and his first as general manager of the Washington Wizards. As general manager, Sheppard will lead strategy, analytics, player personnel, scouting and coaching for the Wizards, Go-Go and District Gaming.

Sheppard has earned a reputation as one of the league’s most innovative and creative executives. In 16 years in the Wizards’ front office, his role included responsibilities with salary cap management, negotiations, draft prep¬aration and talent evaluation of collegiate athletes and professionals, both domestically and abroad. Sheppard also served an assisting role in the recruitment and evaluation of free agents, statistical evaluation of NBA players, the hiring of coaches and personnel and monitoring the Wizards’ efforts in the NBA’s Player Programs. During his tenure with the team, he has been tasked with organizing the Wizards’ training camp and preseason schedules; overseeing the athletic training, strength training, video, technology and equipment areas for the team; and directing in-arena renovations to areas including the Wizards' locker room, players' lounge, family lounge and front offices.

Prior to his arrival in Washington in 2003, Sheppard was a member of the Denver Nuggets organization since 1994, serving as the Nuggets’ Senior Director of Team Services and Player Relations. With Denver, he oversaw all internal and external communications functions and served as the club’s primary spokesperson. He also scouted internationally and evaluated high school, collegiate and minor league talent. For his efforts in Denver and overall contributions to the communications efforts of the NBA, Sheppard was honored with the prestigious Splaver/McHugh “Tribute to Excellence” Award in 2010, which is given annually by the NBA Public Relations Directors’ Association to a current or former member of the NBA public relations family who has demonstrated an outstanding level of performance and service during his or her NBA career.

An active figure within the United States Olympic Movement for over a decade, Sheppard worked as a press attaché for the three Summer Olympic Games (1996, 2000, 2004), as well as three Olympic Festivals and the 2003 Pan American Games. He assisted with the formation of the Northern European Basketball League (which realigned as part of FIBA Europe) and continues to serve as a consultant for Lithuanian legend Sarunas Marciulionis, who was inducted into the Naismith Basketball Hall of Fame in 2014, on various basketball projects.

Currently an adjunct professor at Georgetown University for the Sports Industry Management Program, Sheppard graduated from New Mexico State University in 1991, where he was a three-year member of the Aggie football team. After getting his start in media relations as a student assis¬tant at New Mexico State, Sheppard headed the sports information office at UNLV before taking ranks in the National Basketball Association in 1994. He also serves on the Industry Advisory Council for the American Public University and the American Military University Systems. Sheppard and his wife, Rosie, are the parents of five daughters: Bailey, Rebekah, Abby, Emma and Tessa, and two sons, Tommy Jr., and Luke.
Jimmy Lynn
Kiswe Mobile共同創設者/Monumental Sports & Entertainment顧問
経歴
Jimmy Lynn, a veteran of 30 years in the Sports and Entertainment sectors, is one of the pioneers of the Digital Sports space and is regarded as one of the leading relationship brokers and connectors in the global sports industry. He is a co-founder and Vice-President of Kiswe Mobile, which is focused on transforming live video into personal, interactive, and social digital experiences.

Previously, Lynn was the managing partner of JLynn Associates, a global strategic advisory firm focused on sports-related digital media, marketing, and retail for a diverse set of clients including teams, athletes, leagues and associations, media outlets and other businesses.

Prior to founding JLynn Associates in 2009, Lynn served as Vice-President, Strategic Development and Partnerships at AOL, where he and his team were responsible for the strategic development and account management of AOL Sports’ strategic partnerships and organizations including the NFL, NBA, NASCAR, MLB, WNBA, NHL, PGA Tour, ABC Sports, CBS Sports, HBO Sports, Sports Illustrated, Turner Sports, NFLPA, WWF, etc.

Lynn also served as a Vice-President, Diversity Partnerships and Strategic Relationships for AOL's Office of Diversity and Inclusion. In this role, he managed AOL's employee affinity networks and partnerships with community service organizations.

Lynn has been actively involved in philanthropy and community service over the past 19 years. Lynn was one of the 2006 recipients of Time Warner’s most prestigious public-service prize, the “Andrew Heiskell Community Service” award. This award is given to employees who exhibit outstanding leadership and accomplishment in voluntary public service, human rights and/or equal opportunity efforts. Lynn also was recognized in 2008 by Greater DC Cares as one of Washington DC's top 10 rising leaders in philanthropy; as one of City Year's "Idealists of the Year"; and by Year Up as an "Urban Empowerment" award winner. In 2010, he received an award from Washington, DC Mayor Fenty for outstanding community service.

Lynn is the Board Chair, National Fitness Foundation, and a past board member, Washington Nationals Youth Baseball Academy.

Lynn is an adjunct faculty member at Georgetown University’s McDonough School of Business and also with the Sports Industry Management program in the School of Continuing Studies. He is a Senior Advisor in MSB Office of Executive Education. Lynn received the "SCS Dean's Outstanding Service" award in 2010 and the “SCS Faculty Service” award in 2014. He has a B.A. in Public Communication and an M.B.A. in Marketing from American University.
嵜本 晋輔
バリュエンスホールディングス株式会社代表取締役社長/
デュアルキャリア株式会社代表取締役社長
経歴
1982年、大阪府出身。関西大学第一高校卒業後、Jリーグ「ガンバ大阪」へ入団するも、3年で戦力外通告を受ける。引退後、父が経営していたリサイクルショップで経営のノウハウを学び、2011年、株式会社SOU(現 バリュエンスホールディングス株式会社)を設立し、同代表取締役に就任。2018年3月には東証マザーズへの株式上場を達成させる。
一方で、アスリートやスポーツの可能性を広げるべくFAN AND株式会社(現 DUAL CAREER株式会社)を2019年9月に設立。現在はサポートや寄付等を目的としたオークション「HATTRICK」をはじめ、元Jリーガーで現在は香港でサッカー塾の運営も行う井川祐輔らのマネジメントを行うなど、アスリートたちのデュアルキャリアを支える取組みを進めている。
富山 浩樹
サツドラホールディングス株式会社 代表取締役社長
経歴
1976年札幌生まれ。札幌の大学を卒業後、日用品卸商社に入社。2007年株式会社サッポロドラッグストアーに入社。営業本部長の傍ら2013年に株式会社リージョナルマーケティングを設立し、北海道共通ポイントカード「EZOCA」の事業をスタートする。
2015年5月に代表取締役社長に就任。2016年より新ブランド「サツドラ」の推進をスタートする。同年8月にはサツドラホールディングス株式会社を設立し代表取締役社長に就任。その他 AWL株式会社取締役、株式会社コンサドーレ取締役を務める。
「地域をつなぎ、日本を未来へ。」のコンセプトのもと、店舗や地域の資産を活かして新たな課題解決型ビジネスの創造を目指す。