茨城ロボッツ(株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテイメント)
公式SNS/WEB
私たちについて
茨城ロボッツグループのミッション(使命)
スポーツ・エンターテインメント・メディアにより夢・誇り・活力を生み出し、 プロスポーツを中心とする様々な事業を通じて、地方創生のさきがけモデルをつくる。

私たちの存在意義であり、世の中に提供する価値を示しています。

私たちはこのミッションを実現するために仕事に取り組み、成果を生み出していきます。

会社の「売上」とはこのミッションに対する市場や顧客からの共感の総量であり、

利益とはこのミッションを持続させ充実させるための原資であると考えます。

 

【茨城ロボッツグループのウェイ(大切にすべき価値観)】

・楽しくポジティブか:人々をエンターテインする(楽しませる)事業に取組む上では欠かせない価値観です。

・成長を志向しているか:成長を志向しなければ我々のミッションは絵に描いた餅となってしまいます。

・挑戦しているか:49%のリスクがあっても51%のチャンスがあれば新しいことにチャレンジしよう。

・他と違うことか:他のチームや企業と同じことをしていては新しい価値を生み出すことはできません。

・顧客の視点で考えているか:ファンやスポンサーの視点に立ってサービスや商品などを考えよう。

・感謝の気持ちを込めているか:あらゆる人と関わって仕事をしていくためには常に感謝の気持を。

・チームの勝利のためか:勝敗を争うスポーツが我々の商品である以上、勝つことが価値の源泉となります。

 

【茨城ロボッツグループのワークスタイル(仕事に向き合う姿勢・行動指針)】

1:One for All, All for One:一人はみんなのために、みんなは一人のために。チームワークを大切にする。

 

1-1 報・連・相

報告は信頼獲得のため、連絡は業務効率化のため、相談はミス防止とより良くするため。

1-2 情報共有

受け身にならず自らが能動的に情報収集/情報発信する。

1-3 協働姿勢

自ら周囲を巻き込み、自らが巻き込まれたときには協力を惜しまない。

1-4 スピード

時間は有限でお金では買えない。他チームを追い越すためには同じスピードでは困難。

1-5 多様受容

多種多様な業務を有する会社ゆえ、カレンダーやシフトなどの多様性を認め相互協力する。

1-6 権利義務

休日休暇は働く個人の権利である。権利を行使する上ではしっかりと義務を果たす。

 

2:プロ意識と当事者意識:一人ひとりがプロフェッショナルなビジネスパーソンとして仕事に取り組む。

2-1 自律志向

変えられないもの(他人・環境・感情・過去)ではなく、変えられるもの(自分・思考・行動・未来)にフォーカスする。

2-2 行動志向

できるかできないかではなく、やるかやらないかの基準で取り組む。

2-3 目的志向

プレーや仕事の意図や目的を明確にする。

2-4 逆算思考

ゴールから遡って取り組むべきことを決める。

2-5 利他志向

相手の立場になって考える。

2-6 準備徹底

事前の準備を徹底する。

2-7 細部品質

細かい部分、商品・サービスの品質にこだわる。

2-8 意志完遂

絶対に最後まであきらめない。

会社概要
企業名
茨城ロボッツ(株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテイメント)
所在地
茨城県水戸市南町3丁目3-40 アリゼ水戸南町ビル3階
資本金
5,000万円
代表者名
代表取締役社長 山谷 拓志
設立年月
2014 - 11 - 13
社員数
35人
WEB
https://www.ibarakirobots.win/
最新の
スポーツビジネス情報を
お届けします。
HALF TIME 無料会員登録特典

・イベント先行案内
・最新スポーツビジネス情報
・スポーツ関連プロジェクト求人案内

HALF TIME 無料会員に登録