スポーツは人に生きる勇気を与える存在
事業・サービス
2020年10月9日
 九州産業大学・人間科学部スポーツ健康科学科で准教授をしております、福田拓哉と申します。今回は自分とスポーツとの関わり、そして現在の広島のスポーツに関わることになったきっかけなどをお話させていただきます。

川淵三郎さんのお話に思わず泣いた学生時代

 

 私は小学校4年生から高校まで野球一筋でした。現役時代は怪我との戦いでもあったので、高校卒業後はトレーナーを目指して滋賀県にキャンパスのある立命館大学に進学しました。最初は運動生理学やトレーニング科学など、スポーツサイエンス系の勉強や実験を中心に学んでいました。


 ところが、転機が1998年に訪れました。ある方のお話を伺ったのです。大学でJリーグを創設された川淵三郎氏の講演会があり、面白そうだと思ってお話を聞きに行きました。「何のためにJリーグをつくったか?」「プロ野球とはどう違うか?」「スポーツ新聞に叩かれたりしても、私はスポーツで世の中を変えていきたい!」など、横浜フリューゲルス問題の渦中でありながら、理想を涙ながらに熱く語る川淵さんにやられました…。

 

続きはSAH Sports Columnにてご覧ください。

https://sa-hiroshima.com/column/

最新の
スポーツビジネス情報を
お届けします。
HALF TIME 無料会員登録特典

・イベント先行案内
・最新スポーツビジネス情報
・スポーツ関連求人案内

HALF TIME 無料会員に登録