広島の未来を照らす存在へ
事業・サービス
2020年9月11日
 皆さん、こんにちは。森崎浩司です。 僕は元プロサッカー選手として活動し、過去にはアテネオリンピック日本代表も務めさせて頂きました。同じく元プロサッカー選手の双子の兄がおり「Jリーグ史上初の双子選手」として、話題になったりしました。

 僕は正真正銘の広島生まれ、広島育ちです。現在も広島に暮らしており,もちろん、広島が大好きです!

 そんな僕は、故郷にサッカーの持つ魅力とパワーを伝えるべく、現在サンフレッチェ広島の初代アンバサダーとして活動しています。

 
 今回はそんな僕が今までどのようにしてプロサッカー選手としての道のりを歩んできたのか。そして新型コロナウイルスという未曾有の事態に直面している今だからこそ、スポーツが地域のためにできることについて精一杯お伝えできればと思います。

 

幼少時代、サッカーとの出会い

 

 僕がサッカーを始めたきっかけは「サッカーやってみない?」という先輩からのなにげない一言だったんです。僕が小学生だったころで、まだまだサッカーはプロスポーツではなかった時代です。ところが、当時通っていた矢野小学校(広島県広島市安芸区)には偶然サッカーのクラブチームがあったのです!

 

続きは、SAH Webサイトにてご覧ください。

https://sa-hiroshima.com/column/details/000277.html

最新の
スポーツビジネス情報を
お届けします。
HALF TIME 無料会員登録特典

・イベント先行案内
・最新スポーツビジネス情報
・スポーツ関連プロジェクト求人案内

HALF TIME 無料会員に登録